住宅を建てるときや賃貸契約をするときに活用すべきこととは

洗練された建物は実績のある業者が建ててくれる

有利になる

低金利時代の不動産投資は有利です

不動産投資には大きな資金が必要ですので、自己資金だけではなく融資を受けて投資する人もいます。融資を受ければ返済するときに利息分も必要です。借りる額が大きく、期間も長くなればそれだけ利息も膨らんできますが、低金利の時に借りることができれば、それだけ返済額が少なくてすむことになります。一般に融資を受ける先といえば銀行を思い浮かべますが、それにもいくつかの種類があります。普通の人が口座を開いて預金しているのは民間銀行が多くなっています。民間銀行でも当然融資は受けられます。各種ローンは民間銀行で借りるのが普通です。不動産投資ローンを組むときには政府系金融機関を利用することもできますが、民間銀行とは少し違う部分があります。

政府系金融機関で不動産投資ローンを受けるメリット

不動産投資ローンを政府系金融機関で組む一番のメリットは、その金利の安さにあります。民間銀行よりも金利が低い上に、手数料もかかりません。いいことずくめの様ですが、それだけ審査も厳しくなっています。融資実行が遅いのも問題です。政府系金融機関ですと融資の条件として不動産担保を求められ、融資の実行は担保の登記が完了してからになりますので、初めての投資には利用できないことになります。すでに不動産投資を行っている人が次の投資先を購入するときに使うか、先に民間銀行で融資を受けて不動産を買ってから、更に巨額の融資を受けるために使うことになります。制約はありますが、金利の安さはかなりの魅力ですので、上手に利用したいものです。